うつで動けないときはよく寝よう!睡眠が唯一の心と体の回復手段です




うつ状態うごけないとき(うごけない期間ですね、寝たきりとは違います)は
よく寝ることを徹底しましょう
うつになる前の元気なころと比べると
うつになった後は、体が自然と睡眠時間を長くするはずですが
寝ることは、人間が自然に行える、唯一の心・体・脳の回復手段です
(*´∀`)♪

 
 

もし、アナタの大切な人が
うつ状態になっているときに
絶対言ってはいけないことも
合わせてご紹介していきます

うつで動けない時に絶対言ってはいけないこと

 

 
 
 
「頑張れ!」とか
「やる気だせ!」とか
応援するような印象を持たれている言葉ですよね
でも・・・このような
無理に動かそうとさせる言葉は、逆効果になるんです
(>_<)

 
 
周りから急かされると、うつ病の症状を悪化させ
元々動きづらかったうつ状態の体を
ますます動かすことを難しい状態にさせてしまいます
(;_;)

 
 

うつになったら、まずは休息!
睡眠をしっかりとって、時間をかけて症状を緩和させていくことが
今までの研究・統計・実験データから心の病気に向き合ってきた
お医者さん&専門家さん達の答えです
(*´∀`)♪

 
 

うつのときに寝ることは悪いことではない

 

 
 
 
1日10時間睡眠とか、12時間睡眠とか
周りからは怠けているように見えると思いますが
よく寝ること(十分睡眠をとること)は
うつや自律神経失調症、統合失調症で
心の病気に苦しんでいる人達ができる
一番大事な回復方法です
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
人間も、他の動物も
寝ることで心・体・脳・傷の回復を図ります
自然に行える唯一の回復手段が、睡眠というわけなんです
うつで動けない時に、よく寝ることは
別段悪いことではなく、体が自分で傷の回復を図っている証拠なんですよ
(`・ω・´)

 
 

※追記
心の症状の程度によって
十分な睡眠時間は変わってきますが
必要以上に寝すぎることも、精神症状に悪影響を及ぼすそうです
十分な睡眠は、うつの回復には必要なことですが
寝すぎるのも考えものなんですね
(;´д`)

 
 
 

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】
セロトアルファの効果と口コミのレビューはこちら!

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ