うつと飲酒は関係があるらしい・・不安感を紛らわすために飲酒量が増える!




心に病気を抱えている人(うつなど)だと
不安感焦燥感など、人より感じやすく
反対に幸福感を感じにくいことは事実です
特に、夜に調子を崩す傾向があるらしいのですが
夜の不安感を紛らわす方法といえば・・そう
お酒(飲酒)!ですよね
(>_<)

 
 

心の病気の人と
飲酒の関係についてです
うつだと飲酒量が増えることは
科学的に見ても説明がつきます

お酒を飲むこととうつには科学的な関係があった!

 

 
 
 
冒頭で説明したとおり、うつの落ち込んだ不安感を紛らわせるために
飲酒喫煙を行うという関係性は、すぐに理解できるかと思われますが
心が健康状態にある人でも、アルコールを常に飲みまくっている(日頃から飲酒量が多い・暴飲を行う)ことで
うつ状態に発展することもあるらしいです
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

私もお医者さんではありませんし、
アルコールの専門家ではありませんが、ネットで調べた情報によると
飲酒うつになるリスクを高める効果があるそうな
(>_<)

 
 

自傷行為自殺にも
飲酒の問題(アルコール依存症)と関係があるそうで
アルコール依存症の人は人よりも
突発的で破滅的な行為に走ってしまいやすいらしいです
((((;゚Д゚))))

 
 
精神病にかかっている人はお気をつけください!
お酒タバコ程々にお願いします
健康にも悪いし、お酒やタバコもやらない人と比べると
やっぱり、心の病気からの復帰も遅いようです
m(_ _)m

 
 
 
 

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】
セロトアルファの効果と口コミのレビューはこちら!

 
 
 

 
 
 
 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ