うつ・自律神経失調症・統合失調症の間はアルコールは控えたほうがいいかもね




うつ自律神経失調症統合失調症
病院に通院している方は
アルコールを控えたほうがいいかもしれません
ちょっとならいいのですが、心が弱っているときに
お酒に逃げ込むようになると依存性になりやすいからです
病院のお薬とアルコールの相性もかなり悪いですし・・ね
(*´∀`)♪

 
 

心の病気のお薬
アルコール
一緒に飲み合わせないように!
薬の効果が効きすぎてしまいます!

うつ・自律神経失調症・統合失調症の方はアルコールを控えましょう

 

 
 
 

飲酒の習慣が始まった当初は、
飲むことで「ふつう」の気分が「ハイ」な気分へと移行しますが、
問題飲酒の段階に至ると、
アルコールが入っているときは「ふつう」の気分でいられても、
アルコールが抜けると「落ちこみ」に襲われるようになります

 
 
上の説明を簡単にわかりやすくすると
・アルコールを飲む⇒気分がよくなる⇒習慣化する⇒お酒を飲んでいるときが普通の状態になる

 
 
習慣化してお酒を飲んでいるときが普通の状態になってしまうと
アルコールが抜けた状態が、普通じゃない状態になってしまいます
本来アルコールが抜けている状態が普通の状態なのですが
アルコール依存になってしまうと、お酒がないときは
気分が落ち込み、うつの人はより不安感を感じますし
統合失調症の人は気分が悪くなります
また、自律神経失調症の人は頭痛や体調が悪くなるなどの症状が出やすくなります
(>_<)

 
 

アルコール以外のストレス解消方法・リラックス方法を探しましょう

 

 
 
 
一番いいのは、アルコール以外ストレス解消方法・リラックス方法を見つけることですね
スポーツによる運動とか、人と話すこととかが理想的っちゃ理想的ですが
若い人はオンラインゲームとかでストレス解消しているそうです
(ただし!オンラインゲーム中毒になったり引きこもり気味にご注意ください!)
( -`ω-)b

 
 
私の場合はタバコリラックス方法ですが
まーもちろんのこと、健康にはよくありませんよね
でも、心の状態が悪くなるよりはマシかな~と思ってます
(^_^;)

 
 
病院のお医者さんはタバコもアルコールもやめたほうがいいと言うでしょうが
私は別に、おすすめしないけど心の状態を考えると
やめなくても良い!という結論を持っています(笑)
でも、何事もほどほどが肝心です!
お酒は百薬の長ですので、適度な量を守ってお飲みくださいませ!
タバコは・・・百害あって一理なしですね・・やめなきゃ
(>_<)

 
 

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】
セロトアルファの効果と口コミのレビューはこちら!

 
 

 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ