精神障害者が障害者雇用で働く場合、給料は安くなります




精神障害者の方で、障害者雇用枠で働こうと思っている方へ
精神・身体の障害に関わらず
障害者雇用枠で働く場合は、普通に就職するよりも
給料はかなり安くなるのでご注意ください
(>_<)

 
 

もちろん、大手の大企業の方が
就職のときの採用人数(採用率)も
給料も良くなるのは良くなりますが
大体、平均すると20万以下になります

本当に障害者雇用で働くべき?

 
img_fujisoft05
 

精神障害をお持ちの方(うつ病など)で手帳があれば
障害者雇用で就職したほうが、採用率も良いですし
オープンですので長期的に、安心して働いていけることかと思われます
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
ただし!普通に就職するよりかは
給料はかなり落ちてしまいます

正社員として働けるのであれば
給料だけみれば、多少無理をしてでも
普通に面接・採用を目指したほうがお得です
ヽ(´Д`;)ノ

 
 

普通に正社員になった場合、続けていけるかが疑問

 
e5ab8ce381aae4bb95e4ba8b
 

普通の健康的な若者でも、仕事に疲れ・人間関係に疲れて
毎年数多くの精神的な病気にかかっていたり
うつ病が悪化して、自殺に追い込まれていたりしますね
(つд⊂)

 
 
精神障害者の場合は、言ってみればメンタルが弱いため
ちょっとしたミスや注意でも、深刻に捉えがちになっています
その考えがストレスになり、症状が悪化しやすくなり
長期的に働けない、勤怠が安定しなくなっているのが現状です

 
 

障害者雇用で働いてけば、上述したようなストレスもあまりないはずですし
周りからの配慮もあるので、安心して長期間働いていけますよ
病気を治しつつ、給料をもらい生活もしていける」のが
障害者雇用で働く場合のメリットですね
(`・ω・´)

 
 

障害者年金はもらっておこう!

 

 

障害者雇用(精神・身体問わず)で働く場合
給料はかなり安いので、手取り20万も行かないと思います
生活をしつつ、貯金もちょっとずつ貯めていくために
障害者年金は必ずもらっておきましょうね!
( -`ω-)b

 
 
働きたい!精神障害者の就職・就労を支援するサービスです
ラルゴ高田馬場の公式サイトを覗いてみてください
m(_ _)m

 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ