軽度知的障害の方は大人になってどんな仕事につくの?




軽度の知的障害の方は、知的障害といっても
見た目はあまり、変わらない人も多いかと思われます
軽度知的障害の方は、大人になるとどんな仕事をするのでしょうか?
( ‘-‘* )?

 
 

軽度知的障害の方は
知能指数IQ51~70に該当するそうです
軽度知的障害の症状は、子供の頃から
18歳頃までには現れます

大人の軽度知的障害の特徴

 



 
 
 

仕事をしていくために必要となる知識です
大人の軽度知的障害の特徴としては
・理解力が低い
・コミュニケーションが取れない(空気は読めない)
・職場での状況判断や気遣いが苦手
・イレギュラーなことに対処できない
・仕事の優先順位が曖昧(把握できない)
・素直すぎる(言葉をそのまま受け取る、騙されやすいので注意!)
・感情の起伏が激しい
・社会適応能力が低い
・ストレス耐性が低い、ストレスに弱い

 
 
などなど、社会で働く上でデメリットとなりそうなもの一覧でした
平成26年の知的障害者の雇用者数は90,203.5人です
大人になったら働くことは普通のこと(ニートは・・?)ですね
軽度知的障害の皆様も頑張って働いているんですよ
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

軽度知的障害の方の仕事

 



 
 
 

<向いている仕事>
これをやっている時は時間も忘れてしまう…この感覚ですね。
長時間同じ作業を繰り返す仕事にも向いている方が多いようです。
パソコン入力などいいかもしれません。急な変更や変化が苦手ですから、
転勤や人の入れ替わりが少ない環境がいいでしょう。

<向いていない仕事>
あまり興味のないことははじめから選択しない方が良いでしょう。
会話を理解する難しさのある営業、計算や読み書きが必要な経理のほか
、臨機応変さが求められる電話職などは避けたほうがいいかもしれません。

発達障害者の場合は、手帳を取得して個人で障害者雇用を目指すより、
発達障害者支援センターの就労支援を受けた方が良いと思います。

 
 

※ハローワークの障害者雇用の求人情報もご覧下さい↓
※ハローワークの障害者雇用の求人情報

※ハロワの公式サイトはこちら
※ハロワの公式サイトはこちら
m(_ _)m
 
 

私のブログでは、障害者就職・就労を支援するサービス
ラルゴ高田馬場をおすすめしています
実践的なバーチャルオフィス形式での職業訓練もでき
ここからも大勢利用者がいますよ
(良さそうだったらweb登録しておきましょう)
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

ラルゴの公式サイトはこちら

 
 

おまけ、yahoo知恵袋のお役立ち記事

 



(↑画像クリックで公式サイトへジャンプ)
 
 
 
知的障害者の方は、実際にこんな仕事をしています
・・・という例です
( ‘-^ )b

 
 

質問

知的障害者の人はどんな仕事に就くひとが多いのでしょうか?

回答1

私の働いていた飲食店(回転すし)に、以前軽度の知的障害者の方が働いていました。

基本の作業は以下の通りです。

*皿洗い
*床そうじ
*ネタの準備

時給は普通の人の-100円くらいです。

あとは私の近所には『大樹』という和菓子やお団子を製造・販売する施設があります。(埼玉県)

私が以前に訪れたときには20人ほど働いていたと思います。

障害を持った方のために作られた施設なので、一緒に作業する方がみていてくれる感じです。

回答2

障害程度にもよりますが、
健常者一般雇用(一般会社の業務)に入る人もいます。
会社清掃や社内作業、社員寮清掃、社内業務などです。

回答3

チラシを折ったりそれを封筒にいれたり、紙袋を作ったり再生紙で葉書を作ったり…
福祉施設で行われてる仕事はそんな感じですね。

他に、ファミレスの食器洗浄機の操作や食器運び、清掃業、商品の品だし
一部に特化してる人でPC入力したり 等など。

基本、マニュアルの作れる毎日変わらない同じ事を繰り返しできる仕事ですね。

 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ