障害者求人の志望動機の書き方




障害者求人応募する際
志望動機の書き方の一例をご紹介!
障害者手帳をお持ちの方なら、
障害者専用求人サービス「ラルゴ」がお役に立てますよ

(*´ヮ`)ノ

 
 

障害者求人の志望動機の書き方について
ありのまま素直な現状を
志望動機にそのまま書く事により
会社からは好印象を受けるそうです

障害者求人の志望動機の書き方一例

 
2014022118145948
 
 
 

障がい者 ソフトウェア技術者 志望動機

私は身体障がい者一種一級、右半身麻痺の身体障がい者です。
体を動かすスピードは健常者と同じとはいきませんが、頭の回転は健常者と同じです。
情報系の学校を卒業後、短いながらもゲーム関係、
組み込み制御関係と一貫してソフト開発分野に携わってきました。
私が今まで学んできたIT技術を貴社で生かし伸ばしたいと思い応募しました。

障がい者雇用 志望動機

将来の事を考え、まずは障がい者雇用として長期間勤めたいと思ったのがきっかけでした。
叔母が漫画家の仕事をしており、前々から編集の仕事に興味を持っておりましたが、
経験者や大学卒業が必須というい事もあり、中々チャレンジ出来ませんでした。
今回、その編集の仕事を貴社のHPで拝見し、障がい者雇用もしていると知りすぐに応募致しました。
私は叔母の影響もあり、想像力や感性はいつも人と違うと言われたりしてコンプレックスでもありました。
ですが、編集の仕事ではそれをプラスに変え生かす自信があります。
漫画家との連携というのは編集者にとって重要だと叔母を見て思っております。
編集者と連携が取れていると、ポテンシャルも違うと傍で見て感じていました。
コミュニケーション能力も販売で培い、高いと自負しているので、自分の今出来る能力を最大限に発揮し、
貴社のお役に立てるよう努力を惜しまない所存です。

後遺症 本人希望

○○○○の後遺症により、左膝に障害があります。
その為、膝に負担のかかる作業(中腰での重労働等)や、徒歩での長距離移動等ができません。

障がい者 本人希望

現在通勤で、公共交通機関を使い山梨県から新宿まで通勤していますが、
勤務地がきまりましたら、勤務地近くに引っ越します。
長時間の筆記は困難ですが、キーボード操作には不自由はございません。

視力障害 志望動機 本人希望

大学・大学院と障がい者福祉を中心に勉強してきました。そして現在は、
大学の介護福祉士養成課程で非常勤講師をしています。また、
不定期ながら視覚障がい者のガイドヘルパーを養成する研修でも講師をしています。
支援者の育成をはじめとして、自分にできる限り、精一杯社会貢献をしていきたいと思っています。

【本人希望】
視力に障害はありますが、パソコンを使った業務や大学での講義などには支障のない程度です。
通勤には公共交通機関を利用しますので、電車・バスで通勤できる勤務地、勤務時間帯を希望します。

難聴 志望動機

貴社の業務に自分の能力・過去の経験等が活かせると考えたため志望いたします。

【本人希望】
現在両耳共やや難聴につき補聴器を使用していますので、
その点だけはご配慮いただければと思っております。

発語障害 本人希望

発語に障がいがありますので、
コミュニケーションの部分でスムーズにいかずご迷惑をおかけすることが多々あるかと存じますが、
真面目に仕事に取り組む自信はございますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

 
 

志望動機の書き方のポイント

 



 
 
 
障害者求人といえども、ちゃんとした文章で書かないと
いつまでたっても就職できないことになります
自分自身で、できることできないこと今の現状を
ありのまま書いておけば大丈夫です
ポイントとしては、ダメなところはちゃんと書く!(伝える)
できることをちゃんとアピールすること!
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

障害者の就職・就労を応援!

 



 
 
 
私のブログでは、障害をお持ちの方に特化した
求人紹介サービス「ラルゴ」を紹介しております

職業訓練などもできますので、初めての方も
まずは気軽にweb登録してみてください
m(_ _)m

 
 

就業経験・パソコンスキル不問!障がい者求人紹介の【ラルゴ高田馬場】

ラルゴの公式サイトはこちら

 
 
 
 
 
 
 
 

One Response to “障害者求人の志望動機の書き方”

  1. 阿部っち 25歳 男性 車椅子 より:

    私は22歳の時、交通事故で車椅子生活を余儀なくされました。ずっと働く希望を失って引きこもりの毎日を送っていましたが、ここに記載されているように出来ない事と出来る事を明確に話して就活にトライしてみます。なんか私にも勇気が出てきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ