障害者雇用とは?賃金・給料は安いの?




障害者雇用についてご紹介していきます
働く人にとって、気になるのは賃金ですよね?
給料は安くなるのでしょうか
( ‘-‘* )?

 
 

障害者雇用枠には精神障害者も入ります
企業によって、人数は決まっていますが
勤怠が安定しない精神障害者
コミュニケーションに難がある障害は不利に・・

障害者雇用とは?

 
top1
 

障害者の就労意欲は近年急速に高まっており、障害者が職業を通じ、
誇りをもって自立した生活を送ることができるよう、障害者雇用対策を進めています。

障害者の雇用対策としては、障害者雇用促進法において、
まず、企業に対して、雇用する労働者の2.0%に相当する
障害者を雇用することを義務付けています(障害者雇用率制度)。

これを満たさない企業からは納付金を徴収しており、
この納付金をもとに雇用義務数より多く障害者を雇用する企業に対して
調整金を支払ったり、障害者を雇用するために必要な施設設備費等に助成したりしています
(障害者雇用納付金制度)。

また、障害者本人に対しては、職業訓練や職業紹介、
職場適応援助者等の職業リハビリテーションを実施し、
それぞれの障害特性に応じたきめ細かな支援がなされるよう配慮しています。

 
 

よーするに、障害者雇用とは
国が、企業に対して(2%)の障害者を雇えば
納付金を払わずに済みます
多く障害者を雇っている企業には調整金を出しますよ
・・・という、感じですね
( ‘-^ )b

 
 
障害者雇用とは、働く人(障害者)にとっては、
積極的に働いていける、もちろん良い制度ですし
企業側にとっても納付金(税金)を払わずに済みますので
お得ですよ~という制度
ヽ(*´∀`)ノ

 
 

※実際に障害者雇用の枠は、どの企業でもあると思います
身体障害者の方でも、精神障害者の方でも大丈夫です
障害者手帳があればどんな人でも働いていけます
(*´∀`)♪

 
 

障害者雇用の実態

 
bus01_01 (1)
 

障害者雇用を取らない会社は、納付金を収めなければならないので
どんな会社でも、普通は障害者枠を定めていると思います
大きな企業であるほど、働いている人も多いので
障害者雇用枠(全体の2%)も多く、採用率があがります
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
障害者雇用では、様々な障害者の方が一流企業で働いているわけですが
採用時に不利になる障害、有利になる障害はもちろんあります
勤怠が安定しない精神障害者の方や
コミュニケーションに難がある聴覚障害者の方は不利になるみたいです
(>_<)

 
 

障害者雇用の賃金について

 
2014y08m09d_152345937
 

なんとなく、安い給料になりそうな
障害者雇用ですが、どれくらいの給料なのでしょうか
障害者雇用の賃金について、実際のところをご紹介
( -`ω-)b

 
 

質問・・・
障害者雇用と一般採用では給料に差は有るんでしょうか?

精神障害3級なんですが?なんの不自由もないんですよ。
そんで、障害者雇用か一般雇用かで躊躇してるんですよ。
でも医者には、訓練を受け、評価して貰いなさいといわれてるんですが?

回答・・・ 

圧倒的な差があります。
企業は一定の従業員に対し、障害者を何名・・・と
雇わなければならない規則があり、雇う代わりに
国から支援金がもらえます。
逆に雇わない企業は罰金を毎年納めなければ
なりませんが、むしろ罰金のほうが障害者を雇用する
より安いので日本の9割の企業は罰金を国に収めています。

さて、ご質問の給与の差ですが、一般の人は一定基準の
給与がもらえていますが、身体障害者は残念ながら、その
殆どが国で定められた最低賃金をかろうじて守っている
給与しか支払われていません。
勿論、障害者と一重に言っても様々な障害がありますから、
例えば、足が不自由だが、語学やPCスキルが堪能・・・などの
人の場合、下手なサラリーマンより多く貰っている人もいるでしょう。
ですが、盲目であったり、ダウン症であったりする方の多くは
仕事を覚えるまでが大変であったり、手間隙がかかったり・・・と
採用する側も大変な苦労があるため、最低賃金のペースしか
支払われていないケースが多いです。

 
 

障害者雇用でもらえる給料は
最低賃金をかろうじて上回る程度
のようですので
生活をしていく上で、障害者年金は必ずもらっておきましょうね
( -`ω-)b

 
 
 

 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ