障害者雇用のデメリット、給料は最低賃金+αが相場




もらえるだけまし?
障害者雇用枠で働く場合大きなデメリットとして
その給料の安さ!が心配になる人もいるようです
皆様、仕事の給料+障害者年金で生活を送っています
(`・ω・´)

 
 

障害者雇用の給料の相場
簡単にご紹介していきます
一般企業でも、大手企業でも
最低賃金+α程度しかもらえません

もらえるだけまし?障害者雇用で働く場合の給料の相場

 
 
001
 
 

現職または前職の、年収はいくらか尋ねたところ、最も多いのは「200万~299万円」(25%)、
続いて「100万円~199万円」(24%)で、3人に1人は年収200万円未満で生活していることがわかった。

障がい別でも大きな開きがあり、身体障がい者では年収200~299万円が最も多いが、
精神障がい者では年収100~199万円が最も多い。精神障がい者は2人に1人が給与収入200万円未満で生活している。

雇用形態を見ると、身体障がい者では、正社員36%、契約/嘱託社員42%、アルバイト/パート社員は14%だった。
一方、精神障がい者では、アルバイト/パート社員が最も多く36%を占めている。
雇用形態別の年収では、アルバイト/パート社員の89%が199万円未満と低水準であり、
精神障がい者におけるアルバイト/パート社員の多さが、年収を押し下げているようだ。

現職または前職の給与への、満足度について教えて尋ねたところ、43%が「満足している」
と回答した。その理由を見ると、「仕事に対する正当な評価だと感じるから」と
現状を前向きに捉えている理由が多数を占めている。
しかし、フリーワードでは「給料をもらえるだけましだから」といったあきらめの気持ちを挙げている人も見られた。

 
 
障害者雇用での給料の相場は、最低賃金+α程度ですが
それでは家族(子供)は養っていけないと思われます
多くの人は、障害者雇用で働くと同時に
障害者年金ももらっている人が殆どですので
まだもらっていない人は、絶対にもらっておきましょうね
( -`ω-)b

 
 

働きたい人を応援します!

 



 
 
 
私のブログでは、障害者の就職・就労をサポートする
ラルゴ高田馬場をご紹介しております
まずは無料web登録から!働きたい人はぜひ公式サイトをご覧下さい
ヽ(*´∀`)ノ

 
 
就業経験・パソコンスキル不問!障がい者求人紹介の【ラルゴ高田馬場】

ラルゴ高田馬場の公式サイトはこちら

 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ